薬や手術で病気を治す|今最も注目されているメディカルダイエットとは|医師の指導で痩せる
医者

今最も注目されているメディカルダイエットとは|医師の指導で痩せる

薬や手術で病気を治す

ホスピタル

内科と外科の違い

平野区で怪我や軽い病気をしたとき病院を訪れる患者にとって、内科は一番初めに診察を行い、患者に最適な治療を受けさせるための場所です。内科医は、病気の原因や進行度を突き止め、薬で治療する医師であり、病院に入院が必要な患者の主治医になることも多いです。病気を薬で治していく内科に対し、手術で病気を治すのが外科です。かつては外科医と内科医との違いは明確にありましたが、最近では、平野区の内科医も内視鏡を使った手術を行うようになってきました。内臓の手術の他に、骨や関節の疾患を治す整形外科もあります。手術の後は、外科外来でその後の経過を観察していきます。癌患者に対して手術だけでなく抗癌剤治療を行う外科医もいます。

専門化が進んでいる

平野区で医療機関は大きく病院と医院に分けられます。病院とは20以上の病床を持ち常時医師をおいて患者を診察しているところを指します。病院で患者を診る医師を臨床医といい、医師法ではどの分野の病気を担当してもよいことになっています。とはいえ実際に医師は内科外科など自分の専門分野の治療を行うのが普通です。また、内科医の中でも胃や腸など消化器官を専門に診る消化器内科、肺など呼吸器を見る呼吸器内科というふうに自分の専門分野を絞っていく医師が多いです。平野区では看護師も精神看護や癌看護など専門化が進んでいますし、検査などの部門も同様です。現代の病院はこうした各分野の専門家がチームを組んで患者を治療とケアに当たっています。